脂漏性脱毛症とはホルモンバランスの崩れなどで過剰に皮脂が分泌され、皮脂に毛穴が塞がれる事が原因です。
塞がれた毛穴周辺で頭皮の常在菌が異常繁殖し、その影響で毛根部近くまで炎症が及ぶことで、髪が抜けやすくなります。

この脂漏性脱毛症になる人は少なく、脂漏性による脱毛が起こることはあまりありません。

具体的な症状は、肉眼でも判るほどに皮脂が毛穴を塞いでいて、それを除去すると毛穴が赤く炎症を起こしているのが特徴です。

また、付着した皮脂を取り除いても、すぐに毛穴から皮脂が大量に分泌され、常に皮脂でベタベタしている状態が続きます。

毛穴の化膿や、痛みや激しい痒みを伴う場合は、まずは皮膚科を受診しましょう。