コラーゲンと聞くと、美しい肌のために必要とのイメージが強いですが、実は髪にとっても重要なものなのです。

毛根は頭皮の表面の次の層にある真皮に根付いています。この真皮の70パーセントはコラーゲンであり、髪の栄養補給は毛細血管によりコラーゲンの部分を通して毛乳頭に入ります。
コラーゲンが不足し、代謝が鈍くなると髪への十分な栄養補給が成されなくなり細い毛を作り出す原因になります。この状態が酷くなるとハゲになる仕組みです。
髪の成長期にしっかり栄養が行き届かなければ成長期が半分になるケースもあります。軟弱な髪が生まれる原因につながっているのです。
アメリカの実験でもコラーゲンの摂取で髪が太くなったという結果がでています。コラーゲンと髪の育成は深い関係にあるのです。