ikumou001若年性脱毛症(若ハゲ)と呼ばれ、早い人は10代の半ばから薄毛が始まります。 特徴としては、前髪からどんどん薄くなり始め、M字ハゲになってきたり、髪の毛が細くなって全体的なボリュームが落ちてきたりします。

正しい知識、治療法を知り、早めの予防策をとることで薄毛の進行を遅らせたり、薄毛の改善を行うことができます。

通常、薄毛は20代後半から30代から少しずつ始まり、40~50代で顕著化します。これは、老化に伴い毛髪サイクルが衰えてしまうためです。10代 ~20代で発生する場合毛髪サイクルに異常をきたしています。
これらの場合の多くは、生活習慣や環境に問題があり、若ハゲになっている可能性があります。

毛髪の専門医によると、薄毛の割合は年代別に以下となっているとの報告があります。
20代:約6%
30代:約12%
40代:約32%
50代:約44%
60代:約51%
70代:約61%
15~96歳を平均した全年代で平均32%が薄毛の悩みをかかえていることになります。

dyerware.com

(出展:専門医が語る毛髪科学最前線)

本サイトを見ている方の中には、この中に入っているかもしれないと不安になっている方もいらっしゃると思います。
薄毛は不安になることはありません。人それぞれ様々なコンプレックスを抱えています。勉強ができない、スポーツができない、太っている、背が小さい、声が小さい・・・薄毛もその中の一つです。気になるのであれば解決に向けて努力すればよいだけなのです。