育毛剤の選び方と知識


育毛剤の効果と選び方育毛剤は、目的別に見て、主に四つの種類に分けられます。
育毛剤を選ぶ上では、以上の点をふまえて、まず自分の症状に合った効果の観点から選択するようにしましょう。

1.血行促進タイプ
2.男性ホルモン抑制タイプ
3.皮脂抑制、汚れ・老廃物除去タイプ
4.頭皮・毛根に栄養を与えるタイプ

 


血行促進タイプ


髪の毛へ栄養を運ぶのは血液です。そのため、血行促進対策として血行促進はとても重要です。
血行促進効果のあるものとして、以下のものが挙げられます。育毛剤を選ぶ際に成分を確認しましょう。
センブリエキス
ニンジンエキス
ビタミンE(酢酸トコフェロール)
ニコチン酸ベンジル
塩化カルプロニウム
ソフォラ抽出エキス
ニコチン酸アミド
ハッカエキス
クララエキス
セファランチン
ミノキシジル
センキュウエキス
トウガラシチンキ
ショウキョウチンキ


男性ホルモン抑制タイプ


男性の抜け毛の原因として最も多いのが、男性ホルモンの1種であるテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって
DHT(デヒドロテストステロン)という物質に変わり、これが抜け毛を引き起こす要因だといわれています。
男性ホルモンを抑えるタイプの育毛剤は、5αリダクターゼの分泌を抑える働きがあります。
性のほとんどの症状である男性型脱毛症(AGA)の改善・予防に効果的です。


育毛剤ランキング




育毛理論に基づいて開発された育毛剤です。BUBKAには育毛業界で話題となっている成分『M-034』が配合されています。『M-034』は、コンブ・ワカメなどの褐藻類に含まれる成分で、育毛成分が多くに含まれています。

ミノキシジルは副作用というリスクが高いのに対し、ブブカは厚生労働省認可の医薬部外品ですので安心して使用できます。

 



≪モニターの87%が発毛を実感したケフトルの育毛剤!≫
脱毛を引き起こす酵素の働きを抑制、細胞代謝を促進することで、毛根の活力を引き出す。
さらに頭皮に栄養を与え、発毛効果を持続させることでボリュームのない髪に自然なハリとコシを与えます。効果の秘密は、成分のなかでも特に重要な活性石ベントナイトです。活性石ベントナイトは、人間に必須のミネラル分等の栄養素を豊富に、しかもバランス良く含み、通常の洗髪では落ちにくい毛根につまった脂汚れを吸着除去する働きがあります。さらに、水分に触れると潤いとなるミネラル分を溶出する性質があるため、頭皮に栄養を与えます。

この大自然の恵みによる育毛の2ステップにより、ケフトルは発毛しやすい健康な頭皮環境をつくりだすのです。成分が天然素材ですので、もちろん副作用の心配もありません。

 



IGF-1育毛理論”は、岡嶋研二博士(名古屋Kクリニック院長、元名古屋市立大学大学院教授)らの研究グループの画期的な発見に基づいて作られた新たな理論です。
インスリン様成長因子-1(IGF-1)は、育毛など多くの若返り効果を持った重要な物質ですが、これまで、この物質を安全に増やす方法は見つかっていませんでした。岡嶋研二博士らは知覚神経を刺激すれば、毛根をはじめとする体内のIGF-1が増加し、育毛が認められることを見出しました。