自分の薄毛の原因を判断する方法はいくつかありますがその中のお勧めの方法として遺伝子検査を行うことでAGA(男性型脱毛症)かどうか、リスクの判定を行うことができます。

思春期以降、急激に増える男性ホルモンの影響により、遺伝的要素を有する前頭部から頭頂部までの髪が細くなり薄毛化する症状がAGAです。
遺伝子検査を受けることで、AGA発症の危険度が分かるだけでなく、フィナステリド等の治療薬が効果があるかどうか事前に知ることができます。

自己診断で薄毛の原因を特定しても、あくまで目安レベルにしかなりません。病院かAGA遺伝子検査キットで適切な検査を行い、治療を行うことができます。

また、AGA遺伝子検査は遺伝的判定なので一度受ければそれ以降変わることはありませんので、間違った方法で育毛剤や治療を進めるリスクを考えると、事前の確認としておすすめの方法です。


・AGA遺伝子検査キット
AGA遺伝子検査キットを利用することで自宅で簡単にAGA遺伝子検査が出来ます。

検査方法は簡単。専用の採取棒で口内の粘膜を採取して送るだけです。2~3週間でAGAかどうかの検査結果と共に、自分の脱毛傾向解説や生活習慣、食習慣、洗髪方法といったAGAのアドバイスブックがもらえます。

【男性向け】


【女性向け】