『プロスカー』は、前立腺肥大による排尿困難(頻尿・残尿)や排尿痛などの症状を改善するために用いられる治療薬です。
薬品に含まれる有効成分フィナステリドに発毛効果があることが分かったため、『プロスカー』とは別に脱毛治療薬としてメルク社が製品化した育毛剤が『プロペシア』です。

つまり、『プロペシア』のように脱毛治療を目的に製造開発された医薬品ではないものの、『プロスカー』には、AGAの脱毛原因と考えられるジヒドロテストステロンの生成に必要な《5α‐リダクターゼ》の働きを抑制する作用があるため、結果的に抜け毛や薄毛の改善効果が期待できるというわけです。

『プロペシア』と違って、育毛剤として製品化された医薬品ではないにも関わらず、『プロスカー』をAGA治療目的に服用してしまうのは、コストパフォーマンスの良さにあると考えられます。

というのも、以下に示した比較表のように、AGA治療に欠かせない有効成分フィナステリドの1錠あたりの含有量が『プロスカー』は『プロペシア』の5倍です。

通常、脱毛治療として1日に服用すべきフィナステリド量は1mgが基本とされているので、『プロスカー』は、1錠をさらに4~5分割してから服用することになるため、1回に摂取すべき薬剤にかかる費用は非常に安価であることが分かります。

※ 【1mg/日】以上の服用は、いたずらにリスクを高めるだけだと言われています。

そのため、コスト面を重視する方にとっては、同じ成分で少しでも安い製品を買い求める方が購入しているようです。