プロペシアと同じフィナステリド成分で作られているものにフィンペシアというものがあります。

製造販売はインドのシプラ社で、プロペシアのジェネリック医薬品として有名です。

プロペシアには2019年まで特許権があり、日本ではジェネリック医薬品や同成分の薬を販売、処方する事は禁じられています。

ただし、「特許権」という制度は、世界中で施行されていますが、インドには通用しません。
そのためにインドからの個人輸入で購入することになります。

また、一時期フィンペシアには、日本では発がん性の可能性から食品には禁止されている「キノリンイエロー」という成分が使われていたそうです。

個人輸入は良くも悪くも自己責任という事と、製品の品質や偽物の存在などのリスクがありますので、個人輸入代行業者は慎重に選ばないといけません。