特に男性では、年をとる毎に髪が薄くなるのは自然な現象だといえます。
老化によって発生する「老人性脱毛症」はある程度仕方がないといえますが、年齢的に早く(時には20歳前後から)特定の場所が薄くなる場合があります。

その代表が「男性性脱毛症」です。この症状は20代~30代に発生する「若年性脱毛症(いわゆる若ハゲ)」と40代~50代に発生する「壮年性脱毛症」の2つを合わせたもののことを指します。
名前が指す通り、圧倒的に男性に多く見られます。
男性ホルモンである「テストステロン」と遺伝が大きく関係しているといわれていますが、はっきりと解明されておりません