若ハゲの原因は遺伝や仕事のストレス、生活習慣の乱れ、喫煙、飲酒、運動不足など、原因は沢山考えられますが、まずは原因をきちんと見極めることが重要です。

1.遺伝的要因
10代、20代の若ハゲの原因として一番可能性が高い要因として遺伝が挙げられます。
家族の仲に髪の毛が薄い人が多いなど、薄毛の理由としては高い確立と思われます。
ですが、家族のなかにハゲている人がいても、必ずハゲるわけではありません。
何もしなければ10代でハゲる要素があったとしても、早い段階から育毛剤などで予防、対策をすることで、それを10年、20年と食い止める可能性は十分にあります。

2.男性ホルモンによる要因
男性ホルモンの中にテストステロンという物質があります。
これは男性の特徴となるヒゲ、胸毛など女性にはない体毛の成長を促進し、男性らしさを高めますが、同時に頭髪の成長を妨げるとも言われています。
これと逆に、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンは頭髪が成長し続ける期間を長くしてくれます。
女性に髪の薄い人が少ないのは、このためだと考えられています。
納豆や豆腐に含まれる、大豆イソフラボンという物質の化学構造は女性ホルモンの「エストロゲン」に似ているため、食事療法での対処で薄毛への効果が期待できます。